アクセラレーション開発

最高の品質を最もリーズナブルな価格で

アクセラレーション開発とはこれまでの受託開発とはまったく異なるアプローチの開発手法です。

アクセラレーション開発ではそれぞれのプロジェクトに対して開発者としてはではなくCTOとして参画し、プロジェクトのビジョン、ミッション、課題、解決方法、それによって作られるサービスへの投資、投資家のご紹介、VCのご紹介までを共に考え遂行していきます。

つまり、金銭的な報酬では動きません。

まずは人と人の関係、そしてビジョンへの共感があって初めて開発をするか検討致します。

 
dev_background.png

アクセラレーション開発のメリット


 
アクセラレーション開発.png

最高品質の開発

BeSomebodyでは最高品質の開発環境を整えるため独自のプログラミング教育プログラムに加え、全てのプロジェクトのリードエンジニアには10年以上経験のある日本人を採用しております。

またBeSomebodyのエンジニアは元Google、Facebook、Appleなどで開発経験をつんだタレントで構成されております。

 
 
 

最新トレンドのPM

BeSomebodyのプロジェクトマネージャーはシリコンバレー、東京での起業、エグジットなどの経験をした起業家及び、元ベンチャーキャピタリストや投資家などにより構成されます。

解決する課題の精査、解決方法の精査、プロダクトロードマップ、UI/UXの精査などサービス開発に必要な最新のテクノロジートレンドを協議したうえでプロダクトのリーン開発をリードします。

最新トレンドのPM.png
 

アクセラレーション開発の特徴

1案件・エクイティー・レベニューシェア


1案件集中開発.png

1案件集中開発

BeSomebodyでは集中開発を採用しております。MVPが完成するまでの期間1つの案件にフォーカスすることで圧倒的な品質を保証します。

投資型開発.png

投資型開発

BeSomebodyでは投資型開発制度を取り入れております。これにより通常の開発より70%ほど安価に開発が可能です。

利益分散開発.png

利益分散開発

BeSomebodyではレベニューシェア型の開発も承ります。投資型と同じく最初の開発コストを抑えることができます。

主な開発実績


 
hittask.png
 
 

あなたの作ろうとしているサービスは本当に必要とされていますか?

以下は新規サービスのアイディアを考えるときの動画です、是非ご活用ください

 
 
 
 
startups_fail.png

新規事業やスタートアップが失敗する確率は90%です。何かを作り始める前に”本当にそれが必要か”よく考えましょう

 

それでも作りたい人へ、

是非アクセラレーション開発へご応募ください:)

一度に受けられる案件数は「1案件」です。ご希望の方は以下のフォームよりご応募ください。1週間以内に弊社アクセラレーション開発審査委員会よりご連絡いたします。